毛穴がメイクで隠れない?目立つ毛穴落ち・化粧崩れ対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「意気込んでお化粧をしたのに、毛穴が隠れない…」

「ここ一番というときに限ってメイクが崩れてしまう」

ということもありますよね。

メイクをするとかえって毛穴が目立つなんて、本末転倒なケースもあるかもしれません。

 

「ファンデーションを使っても、なぜか毛穴が目立つ」という方は、スキンケアやお化粧の方法を考え直してみましょう。

毛穴レスのクリアな肌のためには、化粧やお肌のケアをしっかりと把握することも必要。

よく知っているつもりでも意外に分かっていない、お化粧やスキンケアのコツについてお伝えします。

 

「毛穴が目立つ」の原因は毛穴落ちかも

「ファンデーションを塗ってもプツプツと目立つ・・・」、

その原因は、ファンデーションの毛穴落ちが原因かもしれません。

 

本来、ファンデーションには毛穴を隠す役割があります。

ですが、毛穴落ちというのは、ファンデーションが毛穴の中に入り込んで、逆に毛穴が目立ってしまう現象。

朝に塗った直後はキレイに見えても、時間だ経つと目立ってくるという場合は毛穴落ちのせいかもしれませんよ。

 

どうして毛穴落ちが発生するの?

では、なぜ「毛穴落ち」という現象が発生してしまうのでしょうか?

その理由の1つにお肌の乾燥が挙げられます。

 

潤いが不足した状態ですと、肌のハリがなくなって毛穴が開いてしまいます。

すると、ファンデーションが開いた毛穴の中に入り込みやすいと言われているのです。

 

なので、「自分は乾燥肌かも」という自覚がある方の場合は、やはり保湿を意識したスキンケアが大切になってきます。

 

オイリー肌の場合でも…

乾燥肌とは対照的に思える油性肌の場合も油断はできません。

というのも、油分でテカリやすい人のなかには、隠れ乾燥肌(いわゆるインナードライ)のケースも考えられるからです。

 

そもそも、なぜ皮脂が過剰に分泌されてしまうのか?

その理由の1つとしては「肌の乾燥を抑えるため」ということが考えられます。

誤ったスキンケアなどが原因で肌が乾燥してしまうと、油性肌のようになってしまう場合があるのですね。

そのまま不適切なスキンケアを続けた場合、よりいっそう乾燥が進んで、毛穴が開き目立ってしまうかもしれません。

 

毛穴浮きにも注意して

また、隠れ乾燥肌(インナードライ)の場合、「毛穴浮き」と呼ばれる現象にも注意です。

毛穴浮きとは、過剰に分泌された皮脂とメイクが混ざり合うことで、白く浮いたように見える現象です。

 

以上説明しました通り、毛穴が目立ってしまう原因の1つは、肌の保湿が不足していることです。

逆に、しっかり潤っていれば、肌が瑞々しくハリを維持し、毛穴も目立たなくなるでしょう。

 

 毛穴を目立たなくする3つのメイク術

化粧下地を使うこと

ファンデーションで毛穴が隠れないという方は、化粧下地の使用が不適切な可能性があります。

毛穴を目立たなくしたいなら、化粧下地は必要と考えた方がいいでしょう。

化粧下地は、肌の凹凸を隠してくれますので、滑らかスベスベな肌を演出するには適したアイテムといえるでしょう。

 

カバー力を求めるなら、シリコンタイプやクリームタイプの化粧下地がオススメです。

一方、厚塗り感が心配であれば、伸びの良いミルクやローションタイプの化粧下地が使いやすいと思います。

 

リキッドファンデーションを使ってみる

パウダータイプやクリームタイプのファンデーションもありますが、毛穴を目立たなくするには液状のリキッドタイプがおすすめです。

 

リキッドタイプのファンデーションを塗る場合、毛穴までしっかりとカバーするには、丸筆ブラシが使いやすいですね。

スポンジは菌が増えやすく衛生面が心配ですし、指で塗ると刺激が強い懸念がありますので、柔らかいブラシを使用すると良いでしょう。

 

クレンジングを見直す

根本的に毛穴を目立たなくさせるためには、肌のコンディションを整えることが大切ですね。

そのためにはクレンジングも重要になってきます。

 

しっかりメイクを落としたつもりでも、落とし残しがあると、毛穴の奥に入り込んでしまいます。

そのまま放っておくと、毛穴にメイクと皮脂が蓄積していき、時間が経つと酸化して黒くなりプツプツと目立ってしまいます。

 

そんな状態を避けるためには、毎日しっかりとクレンジングを行い、肌のコンディションを整えることです。

私の場合は、毛穴ケア用のクレンジングを使い始めてから、かなり毛穴が気にならなくなりました。

 ちなみに私が使っているのはこちら
フルリクリアゲルクレンズ

夕方の化粧崩れ対策

「気合を入れてメイクをしても、時間が経つと崩れてしまう・・・」

「夕方になると、ノーメイクよりもひどい状態に・・・」

このような状態を避けるために、まず気を付けるべきことは、適切な使用量を意識することでしょう。

 

肌の調子が良かったとしても、厚塗りし過ぎると、化粧崩れ・毛穴浮きに繋がってしまいます。

塗り過ぎを抑えるためには、まず顔の中心から外側へファンデーションを塗ります。

そして、小鼻や目元などの気になるポイントには、ブラシに残ったファンデーションを重ねていきましょう。

そうすれば、厚塗りになりにくく、メイクも長時間キープしやすいです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*