お化粧の毛穴浮きを抑えるメイク術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ファンデーションを塗っても、夕方になると毛穴が目立つ…」ということ、ありますよね。

毛穴を隠して肌をキレイに見せたいのに、ファンデーションのせいで逆に毛穴が目立ってしまう。

それは、毛穴浮きという症状の可能性があります。

 

もし毛穴浮きが発生している場合、単にメイクを厚塗りしても、逆に毛穴が目立ってしまうこともありますので要注意です。

 

そこで今回は、ファンデーションの毛穴浮きを抑えるメイク術をお伝えしていきます。

毛穴が隠せずに近くで見られるのが悩み…という方は、是非ご参考ください。

 

なぜ毛穴浮きが発生するの?

対策を考えるためにも、どうして毛穴浮きが発生してしまうのか?

その原因を押さえておきましょう。

そもそも毛穴浮きの原因は、毛穴から皮脂が過剰に分泌されることが原因と言われています。

ファンデーションは、皮脂と混ざると剥がれ易くなってしまいます。

そのため毛穴の部分だけポツポツと浮き出たように見えてしまうという訳です。

さらにメイクが崩れると、ファンデーションが剥がれてきた部分が全体的に白っぽく浮いた印象になってしまいます。

 

こんな毛穴には要注意!

一般的に、

  • 古い角質などが詰まった毛穴
  • 黒っぽくなった毛穴

の場合、毛穴浮きが発生しやすいと言われています。

角栓で詰まっている毛穴にも注意が必要です。

 

特にTゾーンや小鼻の周辺では、皮脂が分泌されやすいです。

また、乾燥肌が原因で、皮脂が過剰分泌されるインナードライという症状もありますので気を付けましょう。

乾燥肌とオイリー肌とは関係ないように感じるかもしれませんが、潤いが失われると、肌を保護するために皮脂が過剰に分泌されてしまう事があるのです。

 

毛穴浮きを抑えるメイク方法とは?

フルリクリアゲルクレンズ

化粧下地を使うこと

まずは化粧下地を積極的に使ってみてはいかがでしょうか?

化粧下地はベースメイクの基本アイテムであり、毛穴などによる肌の凸凹を滑らかにしてくれます。

そのため、ファンデーションの肌馴染みを改善する働きがあるのです。

商品によっては、肌色補正や紫外線ケアを意図したものもありますので、上手に使いたいアイテムですね。

 

ファンデーションは軽く乗せる

毛穴を隠そうという意識が強く、ついつい力を込めてファンデーションを塗り込んでしまうという方もいらっしゃいます。

でも、頑張って毛穴に塗り込んでも、毛穴に入った部分から化粧が一気に崩れてしまう恐れがあります。

なので、力を込めて塗り込むよりも、軽く叩くような感じで肌に乗せていく方が、崩れにくく仕上がります。

 

崩れてきたときの化粧直しの方法

最初に、ティッシュで軽く押さえるようにして、過剰な皮脂をふき取りましょう。

また、ファンデーションもスポンジなどで拭き取っておくことです。

 

その後に、適宜、化粧水や美容液をつけます。

そして、化粧下地、パウダーファンデーションを付けていきます。

 

本当に毛穴を目立たなくしたいなら…

メイクのスキルをアップさせれば、ある程度は毛穴を目立たなくすることも可能です。

しかし、メイクだけで本当にキレイに見せるのには、限界があります。

 

毛穴が気にならない透明感のある肌に近づきたいのであれば、毎日のスキンケアを適切に行うことが必須と思った方がいいですね。

とくに、洗顔やクレンジングの方法を見直すことをオススメします。

 

クレンジングのやり方

その日のうちにしっかり落とす

メイクが毛穴に残ったままにしてしまうと、角栓が詰まりやすくなったり、寝ている間に雑菌が繁殖してしまい、コンディションの悪化に繋がります。

なので、当日のメイクを翌日に持ち越さないというのは、基本中の基本になります。

コンディションが悪く、詰まった毛穴の場合、いくら化粧水などを使っても浸透しにくく、効果も感じにくいでしょう。

 

ゴシゴシしないこと

メイクをしっかり落とすことは大切ですが、かといって力強く擦ってしまうのはNGです。

ゴシゴシすると、結局コンディションの悪化に繋がりますので、あくまで優しく負担を掛けないように心がけましょう。

 

すすぎでは熱いお湯を避ける

熱いお湯ですすいだ方が、よく落ちるような気もしますが、一緒に本来必要な油分も失われてしまいがちです。なので、ぬるま湯の方がいいでしょう。

なお、冷水を使用した場合、クレンジング剤によっては溶けにくいので、すすぎ残しが発生してしまうかもしれません。

 

 洗顔のやり方

洗顔のポイントは、きめ細かいたっぷりの泡を立てることでしょう。

やはり力を込めて擦っても毛穴の汚れは落ちにくいので、細かい泡で優しく洗い落とすと良いです。

もしも、泡立てるのが苦手な場合は、洗顔ネットを利用するのも一つの手ですね。

すすぐときも、クレンジングと同様、ぬるま湯が良いでしょう。

 

洗顔したら保湿を徹底

乾燥した肌の場合、皮脂が過剰に分泌されやすく、化粧崩れ・毛穴浮きが発生しやすくなってしまいます。

洗顔の後は、乳液・美容液・化粧水などを利用して保湿ケアを徹底しましょう。

保水力アップのために、ビタミンC誘導体やライスフォース、セラミドが配合された化粧水を使うのも良いですね。

 

 

正しい洗顔とクレンジングを継続すれば、次第に肌質が改善されていきます。

化粧水の浸透も良くなり、無駄な皮脂の分泌も抑えられれば、毛穴浮きや化粧崩れも防げるようになるでしょう。

ついつい面倒に感じてしまうかもしれませんが、意外にシンプルですので、この機会にスキンケアを考え直してみてはいかがでしょうか。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*